キャッシングやクレジットカードなどのサービスは貸金業者が提供しているサービスですが、このような形態の業種は個人向けに少額の融資を行っています。具体的には消費者金融ではキャッシング、信販会社ではクレジットカードといったサービスを提供していますが、これらのサービスでは法律によって業者が消費者に対して融資できる上限が決められています。 このような業者が消費者に対して融資できる上限のことを総量規制というのですが、この規制では消費者の年収の3分の1を超える融資を業者が行うことが禁じられています。その理由として、一般的に業者が融資を行う際の金利が高く設定されており、あまりにも高額の融資を消費者が受けた場合、利息分の返済だけで手一杯となってしまい自己破産や多重債務となってしまう消費者が多いためです。そのため、総量規制という法律によって業者の貸し過ぎを抑制することで、消費者の保護を図ろうというのがこの総量規制の目的となっています。 そのため、安定した収入がないという人の場合には総量規制によって業者からの融資を受けられないことになりますが、どうしても資金を調達するために最短で借入をしたいという場合には、総量規制対象外の銀行のカードローンがあります。銀行のカードローンはよくのキャッシングと比較をされますが、カードローンもキャッシングと同様に最短でその日のうちに融資が受けられるうえ、キャッシングよりも金利が低めに設定されているのが特長となっています。 ただし、銀行のカードローンではキャッシングと比較して審査がやや厳しいという印象があるため、消費者個人の属性によっては審査に通過できない可能性もあります。