クレジットカードにはキャッシングサービスが利用できるものがあります。最初に申込をするときにキャッシング希望金額を記入することがありますが、特に申込をしていなくても自動的に付与されるものもあります。キャッシングには2種類あり、ショッピング枠の中の一部として発行されるものと、完全に独立しているタイプのものがあります。ショッピングから独立している場合、ショッピング枠とキャッシング枠の合計が与信額となります。ショッピング枠の一部として扱われている場合は、ショッピング額が与信額となります。クレジットカードのキャッシングは総量規制の対象となっているので、場合によっては年収を証明する書類を求められることもあります。 申込後に再度与信審査をしてもらうことで、限度額を変更してもらうことも可能です。その場合過去の利用履歴や契約期間、他社でのカード利用残高などを考慮し、カード会社側で判断します。特に申込をしなくても社内で定期的に審査をし、水準をクリアしているユーザーには、カード会社から増額できるという連絡を入れてくることもあります。希望金額次第では増額申請の理由を聞かれることもあります。キャッシングはクレジットカードのついてくる便利なサービスですが、カードローンと比べると金利が下がりにくいという特徴があります。あくまでもクレジットカードのメインの機能はショッピングのためです。ショッピングのリボ払いよりも金利は高くなっていることも多く、お金を借りることを目的とするのであればカードローンの契約をしたほうが得なケースが多くあります。