多重債務とはクレジットカードのキャッシングやカードローンなど、複数の金融機関から借金をしている状態のことです。初めはお金を借りることに慎重で、収入の範囲内でうまくやり繰りしていても、その手軽さと便利さからつい借入金が増えていき、結局毎月の返済に困って債務整理を選択するケースも増えています。 消費者金融は総量規制の対象になっているため、収入の3分の1を超える借入れができないように制限されています。そのため、限度額以上のお金が必要になった時には、別の消費者金融の審査を受けてそこから新たにお金を借りてしまいます。借入先が複数に及ぶと、申し込みの審査に通りにくくなるので、比較的契約のしやすい所を選ぶようになってしまいますが、利息が高く設定されている事が多いため、利息の返済で手いっぱいになり元金はなかなか減らないというケースに陥ります。 リボルビング払いは、毎月の返済金額が決まっているので、月々の支払いがとても楽なのですが、追加で借入れをしてしまうと返済額のうち利息の割合が増えていくので返済が長期化してしまい、やがてそれが負担になって借金を返済するために他社からの借金でお金を返すという自転車操業になる場合もあります。 多重債務を防ぐには、収入で返済できる範囲内で計画的に借入れをすることが大切です。借入れ前にシミュレーションをしてみて、利息を加えた月々の返済額と完済までの期間をしっかり把握しておくと、多重債務のリスクが軽減されます。 また、長い期間の返済はなるべく避けて、金利手数料のかからない1回払いやボーナス一括払いなどを利用します。借りたお金はできるだけ短期間で完済するように心掛けておくと、多重債務で追加の借入れが重なって、気付いたら膨大な借入金額になっていたという問題を防げます。