キャッシングでお金を借りる際には所定の審査に通る必要がありますが、その審査では一体どのような点がキャッシングを利用できるか、できないかの判断材料になっているのでしょうか。 キャッシングを利用する上で必ず満たしていないといけない条件としては、仕事に就いているということです。仕事に就いている人であれば毎月、一定の収入が見込めますし、その収入で借入れたお金の返済ができるであろうと判断することができるからです。また、キャッシングでは総量規制の対象となっていることもあり、貸金業者が消費者に対して融資をしてもいい金額というのは年収の3分の1までというルールが法律によって決まられています。つまり、30万円の借入をしたいという人であれば最低でもその3倍の90万円の収入があるということがキャッシングの審査に通るための条件となります。そのため、収入のない人の場合、キャッシングはできないということになります。 ただし、この年収についてはフルタイムで働いている人だけではなく、アルバイトや派遣社員、パートなどで働いている人の場合にも毎月、一定の収入があるのであれば最短融資キャッシングを利用することに支障はありません。しかし、キャッシングの申し込みをした時点ですでに退職をしていたり、休職中だという人の場合には現時点で給料が支給されていないことになるので、最短融資がいけられるキャッシングの利用はできないことになります。