なんらかの理由でお金が必要になり、金融機関などから借入れを行うことを融資を受けるといいます。融資は何らかの担保をとってお金を貸し付けることですが、このさいに担保となるものは、本人の信用であったり不動産などの財産であったりします。 融資を受けるための書類は、それぞれのローン商品によって異なってき、また必要とされる書類も異なってきます。 また実際にお金を借りる場合には事前に審査を受けることになります。審査では本人確認のほか職業などが対象になります。カードローンやキャッシングサービスなど無担保による貸付サービスの場合には就業先に電話などを通じて在籍確認を行うのが一般的です。また不動産などを担保とする場合には、不動産鑑定士などに依頼して評価額を出してもらい、その評価の範囲内での貸付が行なわれます。 必要な書類は無担保によるローンであれば、免許証やパスポーチなどの証明書類のほか借りる金額によっては収入証明書などが必要になります。また不動産を担保にする場合には、担保関係書類が必要になりますが、書類はローン商品によって異なってきます。 これらの事前審査と準備を整えた上で、返済能力があると判断された場合に金銭貸借契約を結ぶことで融資が実行されます。なお審査を受ける場合や契約書を正式に行うさいには捺印する必要があります。捺印は署名したあとに印を押すもので、シャチハタなどで問題ない場合にはシャチハタで済ましても問題ありませんが、お金の貸し借りで行う場合には正式な印鑑で押すのが一般的です。